美容整形、後悔する前にこれだけは考えて!

整形後に感じる違和感

気軽に整形できる時代になった今、あまり真剣に考えずに手術してしまう人も多いですが、本当に後悔しないかよく考えてから決めた方が良いですよね。良く整形後に言われることとして、「整形した場所に違和感がある」という言葉があります。たとえば、鼻や顎にシリコンを入れた場合、笑ったときその部分だけ全く動かず、周りの皮膚は突っ張っている状態になることがあります。そうなるとその突っ張り感に自分が違和感を感じるばかりか、周りの人にも不自然な印象を与えてしまいます。表情豊かにすることが億劫になってしまえば顔の皮膚はたるみやすくなりますし、周りにも良い印象を与えません。二重にした場合も、糸で縫ったところが突っ張ったり、痛かったりということがあります。そのようなことで整形後ストレスを感じないよう気をつけたいですね。

将来結婚したときバレる可能性

若い頃は、将来を考えず若気の至りで大胆な行動をしがちです。整形もそうですよね。でも、将来自分が結婚したときのことをかんがえていますか?結婚式では過去の写真をスクリーンで流すことが良くありますが、そのときに整形前の顔は、参加者全員にバレてしまいます。顔が変わったことを裏で皆に悪く言われる恐れもあります。劇的に顔が変化した方は注意が必要です。そうでなくても、夫が自分の実家に来たときなどにアルバムを見せてと言ってくることもあります。夫といるときに昔の友人に偶然会って「顔変わったね!」なんて言われる恐れもあります。ずっと過去をごまかし続けることは出来ないのです。子供が生まれたとき、整形後の自分に全然似ていなかったらなんと言ってごまかしますか。人に整形を隠したい人はそのあたりもよく考えておくべきでしょう。

一生かけて整形のメンテナンス

整形した場所は、年とともに劣化していきます。二重の埋没法でしたら、糸が取れて一重に戻ってしまうことはよくあることです。鼻や顎のプロテーゼは徐々にズレてきたり、痛みが出てくることもあります。胸のシリコンもそうです。年とともに胸が痩せていき、シリコンばればれの不自然な胸になったり、こちらも日々のマッサージを怠ると痛みが出てくることあがります。ヒアルロン酸注入をした場所は、定期的にずっと続けなければすぐ元に戻ります。なので、整形したら終わりではないのです。一生かけてメンテナンスしなければいけません。この様に、本来美容整形は気軽に出来るものではないのです。お金も沢山かかるでしょう。ですから将来のことをよく考えてから手術を決めるようにしましょう。

処女膜の再生では、初めての感覚を再び感じることができる他、精神面においても初心に戻ることができます。