包茎の治療方法とは?人には聞けない包茎の常識

包茎のタイプと放置する危険性

包茎には、仮性包茎・カントン包茎・真性包茎といった3つのタイプがあります。全てのタイプに共通している点として平常時じゃ亀頭が包皮に包まれているといった点が挙げられます。包茎をコンプレックスに感じて放置しているといった男性も多いですよね。しかし、包茎を放置する事で不感症になり、性行為で満足する事が出来なかったり汚れや恥垢が溜まりやすくなっている事で炎症を起こしてしまったりといったデメリットがある事から治療する事が推奨されてるんですよ。

包茎の治療法は選ぶ事が出来る!

仮性包茎は自分で完治させる事が出来るといった事を聞いた事がある方は少なくないと思います。しかし、自宅で治療をする事で患部が鬱血したりと怪我をする恐れがあります。現在では多様化している需要から自分に合った治療方法を病院で選ぶ事が出来るんですよ。真性包茎では、保険が適用される場合もありますが、他のタイプでは保険適用外となっている事は珍しくありません。病院や治療方法によって費用にバラつきがあるのでメリット・デメリットを比較する事が必要となります。

代表的な治療方法とは?

包茎治療で主に行われる治療方法として亀頭直下法が挙げられます。余分となっている包皮を切除した縫合部分を亀頭の下側にする事で自然な仕上がりにする事が出来たり他人に見られてもバレる可能性が低いといった特徴が挙げられます。縫合部分を性器の根本にする根部形成法等、手術痕が目立たない治療法でも複数の中から選ぶ事が出来るんですよ。また、包皮の余りが少ない方の為のノン切開法等、包茎の症状に合わせた治療方法を医師の方に相談する事が出来ます。

包茎は性器が常に包皮に覆われる状態なので湿気が籠りやすく、汗や垢などの汚れも蓄積しやすい状態になります。そのため、性器を清潔に保つためには包皮を後退させて洗浄する必要があります。